本文へスキップ

一般社団法人日本クレーン協会岐阜支部は岐阜労働局登録教習機関です。

TEL. 058-322-5820

〒501-0234 岐阜県瑞穂市牛牧671番地1

講習お申込み方法

開催地区〈岐阜〉
(一社)日本クレーン協会 岐阜支部会員対象

フルハーネス型墜落制止用器具使用作業特別教育


 フルハーネス型墜落制止用器具(フルハーネス型安全帯)を用いて
 行う作業に係る特別教育
を開催いたします。
【趣旨】
《平成31年2月1日施行》
 労働災害のうち、墜落・転落による死亡災害の割合は、全産業で25%を
 占めています。
 ”労働安全衛生法”では、高さ2m以上の箇所においては、作業床、手すり
 や囲いを設けることが定められています。
 また、作業床などの設置が困難な箇所においては”安全帯”を使用させる等
 により、墜落による危険を防止することと定められています。

 ”安全帯”
 胴ベルト型が主流となっていましたが、墜落時に腹部、胸部とうの圧迫
 等による危険性が指摘されており、胴ベルト型の使用による災害も報告
 されています。そのため、厚生労働省では安全帯の名称を「墜落制止用
 器具」に改め、使用範囲と性能要件を見直すとともに、特別教育を新設
 し、墜落による労働災害防止のための措置を強化しました。

“改正の要点”
1. 名称変更
 「安全帯」から「墜落制止用器具」へ変更されました。
 「U字つり胴ベルト型」は墜落制止用器具とは認められない。

H31.1.31まで   H31.2.1から
 安全帯    墜落制止用器具
 胴ベルト型
(1本つり)
 ⇨  胴ベルト型
(1本つり)
 胴ベルト型
(U字つり)
 ⇨  認められず
 フルハーネス型
(1本つり)
 ⇨  フルハーネス型
(1本つり)


2. 使用義務
 ”墜落制止用器具(安全帯)”は、原則「フルハーネス型」を選定する。

3. 特別教育
 ”特別教育”を受けなければならない。
 ※高さが2m以上の箇所において、作業床を設けることが困難な場合で、
  フルハーネス型を使用して行う作業(ロープ高所作業を除く)

4.経過措置(猶予期間)
 ”墜落制止用器具”の構造規格(新規格)が告示されました。
 現行の構造規格に基づく安全帯(胴ベルト型・フルハーネス型)は、
 2020年1月2日以降は使用できなくなります。

詳細につきましては厚生労働省ホームページでご確認ください。
 厚生労働省WEBページ

受講対象者

受講対象者
(一社)日本クレーン協会岐阜支部会員
 高さが2m以上の箇所において、作業床を設けることが困難な場合で、
 ”フルハーネス型”を使用して行う作業に従事する者         
 (ロープ高所作業を除く)


講習会費

講 習 会 費 (税 込) 9,300円

特別教育受講申込書  

(一社)日本クレーン協会岐阜支部会員対象の特別教育です。
 受講をご希望の方はご相談ください。

詳細はお申込み方法をご確認ください。


講習会場

学科・実技
 岐阜クレーン教習所(日本クレーン協会岐阜支部)

講習会費の納入について
 講習会費は現金にて窓口へ納入するか、現金書留、又は次の口座へお振込下さい(講習会費納入時点で正式受付とします)

本講習の申込み送付先
一般社団法人 日本クレーン協会 岐阜支部

岐阜県瑞穂市牛牧671番地1
TEL 058-322-5820 FAX 058-322-5821
【受付時間 8:30~17:00】但し、土曜・日曜日・祝祭日を除く

振 込 口 座
 銀 行 名
 支 店 名
岐阜信用金庫
穂積支店
 口座番号  普通預金:0282310
 口座名義人  一般社団法人 日本クレーン協会 岐阜支部

  ※振込手数料は振込者ご負担でお願いします。


注意事項
申込みの変更・取り消しについて
1、講習申込みを変更・取消しされる場合は、必ずご連絡下さい。
2、申込み内容の変更は1回限りと致します。
3、講習初日の3営業日前以降の取消しは講習会費の払戻しは致しません


一般社団法人
 日本クレーン協会岐阜支部

〒501-0234
岐阜県瑞穂市牛牧671番地1

TEL  058-322-5820
FAX 058-322-5821